and beauty

沖縄県マサミテラスで学ぶ!ラードでメイク落としは可能ですが、30代後半の肌には本気のスキンケアとメイクをがおススメですよ

沖縄県マサミテラスで学ぶ!ラードでメイク落としは可能ですが、30代後半の肌には本気のスキンケアとメイクをがおススメですよ

沖縄県マサミテラスで学ぶ!ラードでメイク落としは可能ですが、30代後半の肌には本気のスキンケアとメイクをがおススメですよ

スーザン
2018年メイク落としはラードでした

ラードといえば皆様ご存知の豚さんの油のことです。

ラードでメイク落としをはじめたきっかけは、そもそもはアトピー肌で荒れた足に塗るとよい、と知人から教わったのがきっかけでした。

幼いころからアトピー性皮膚炎で、幼少期はそれこそ顔にも手にも足にも出ていたアトピーが大人になるにつれて落ち着き、足の一部だけ残る状態まで落ち着きました。

皮膚科に通院するわけでもなく、薬を塗るわけでもなく、冬の乾燥時期になると肌荒れがひどくなるので、保湿クリームを塗る程度のセルフケアで過ごしてきました。

でも、乾燥でかゆくて足をかいちゃう、足が荒れる、を繰り返し、これは病院行くべきか?とか思いながらも、自分のことは後回しにしていました。

ラードを保湿クリーム代わりに塗るとよい、と知人に言われたのがきっかけで足を中心に塗り始めた。

ラードを体に塗ることに抵抗がなかったのは、子供の出産のときに、産婦人科の看護師さんから、授乳後のケアに馬油を塗ると良いといわれて、馬油を保湿クリーム代わりに塗っていたからです。

また、ラードでもしかして…メイク落としいけるんじゃない?と考えにいたったのは、オリーブオイルやグレープシードオイルなど食用オイルをメイク落としとして使う、というのが一時期はやっており(アレ?マイブームかな??)実践した過去があるからです。

ネット検索すると、豚の油のビタミンBが肌に良いとか、ラードの油は体温で溶けやすいので肌なじみが良いとか、ラードを使ったスキンケア商品が販売されている、とか情報をキャッチしました。

スーザン
と、そんなこんなでメイク落としはラードでした

さて、そんなラード肌スーザンですが、2018年2月ごろに沖縄のSNS界隈をにぎわすある女性に会いに行きます。

その方は、沖縄のアンミカこと照屋昌美さん

メイクの先生です

メイクに自信のない姉妹が、おそるおそるメイクの先生の体験レッスンに申し込み
ました。

メイク道具もほとんどもっていない、ましてや、スキンケアにラードを使っている…なんて言われるか戦々恐々

でも意を決して、自信をもって、スキンケアやメイク道具を持参して、昌美先生に会いに行くわけです。

何を勘違いしたのか、少しでも場の空気を笑いに替えようと、ラードはそのままの容器に持っていかず、豚ちゃんのお醤油入れに入れていきました!

ラードかわいくしてみました!(ドヤッ)

昌美先生の反応は…

大爆笑です!

(よっし!)←ちがうか

さすがの昌美先生も、ラードでメイク落とししている人は初めて見たそうです。

ちなみに、その時使っていた化粧水は日本酒由来の化粧水とミルク。

顔面から美味しく食べられてもよいように、食品系スキンケアです。

これまでは、お金がある独身時代は資生堂のスキンケアをラインそろえで購入してみたり、オルビスのスキンケアを使ってみたり、ドラックストアで購入してみたりと、ふらふらと信念もないままに付け焼刃のスキンケアをしていました。

メイクもとくにこれといった自信と信念もなく、社会人のたしなみ程度のメイクを適当にしていました。

姉とメイクの昌美先生の体験レッスンに行こう!と決めたのは、正直な話、お手ごろな価格設定と昌美先生のSNSが面白かったから。

メイクについても、習ってみよう、と申し込んだのです。

実際に、メイク体験では、メイク初心者の姉妹に、昌美先生はフルメイクをしてくれました。

ナチュラルで私らしさを引き出すメイクでした。

初めての体験に、姉妹で絶叫!

お互いを褒め合う姉妹

あの時の感動は忘れられません。


↑きれいに泣くための所作をレクチャしてもらう姉妹

家に帰ってからも、このメイクを保管できないのか、落とすしかないのか、、、と泣く泣くメイクを落としました。

もちろんメイク落としはラードです!

その時は、スキンケアもメイク用品も特に新調せずに、オススメのポイントメイクの購入だけで終わりました。

その後も、ラードスキンケアをつづけながら、昌美先生のイベントやほかのスキンケア勉強会などにも参加し、スキンケアやメイクに対しての意識改革の一年でした。

美人カンパニーの美人社長が来沖された際のイベントの時に、参加者特典でメイクのお直しをしてもらいました。

その時の学びは、保湿が命!化粧水は5回つける!

保湿に力を入れるように!(もちろんラード肌)

佐伯チズ先生のお弟子さんのスキンケア体験会にも参加し、そのときにも保湿の大切さを教えてもらいました。

保湿を入念にすると、肌の調子が上がり、化粧ノリが良くなる(まだまだラード肌)

久しぶりに姉妹で昌美先生に会いに行きます。
相変わらず、メイク道具も変わらず、スキンケアもそのまま。でも保湿の回数だけはアップ↑

その時に、私は人生初のターバンを頭に巻き始めて、クリエイターとしてのメイクについてご指導いただきました。
(かたくなにラードでメイク落とししている)

スーザン
正直、ラードメイク落としで肌が荒れるわけでもなく調子が良いので使い続けていました

2018年ほぼ一年かけてラード肌で過ごした私が、2018年の末に、またまたまさみテラスへ行き、昌美先生オススメのスキンケア体験会に参加しました。

その時に、決意していたんです。

ラード卒業の時期だ!って。

ラード肌に別れを告げて、35才の肌にスキンケアをしていこう!と。

正直、ラード肌でも問題なかったのですが、自分のステージを上げるために、自分磨きにも力を入れよう!

スキンケアを替えてみよう!

そう決意しました。

そして、これまで体験でお世話になった、マサミテラスで本気のメイクを習おうと!

2019年は肌も自分も磨いて上げていく!

ちなみに、ラード肌のスキンケアチェックをしました!
結果はこれから、まさみテラスで聞きます!

ラードで一年スキンケアをしてきた女の肌状況、気になります!!

沖縄のアンミカから熱血メイクレッスンが受けられるまさみテラス
マサミテラス

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

URL
TBURL

感想や質問などはこちらへ♫

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKへのコメントはこちら♫

Return Top