Toggle

くらし

この世から本屋はなくならないとおもう

駅前の本屋さん つぶれちゃったね
あの本屋さんは 品ぞろえが豊富でとても便利な本屋さんだったから 残念だね

電子書籍が盛り上がりをみせています。

そして、町の本屋さんがまた1店舗なくなりました。

わたしも、スマホでも読める本を何冊か買い、電車での通勤中に読んでいます。

重みのある本をもたず、指先だけでページがめくれる電子書籍

電子書籍の恩恵をうけている1人です。

電子書籍を賛成する一方で、紙の本は絶対なくならないともおもっています。

わたしは、紙の本が大好きです。

電子書籍でも十分だと思うのは、知識欲を満たす書籍。

感性を満たす本は、やはり紙の本が1番だと思っています。

なぜだかは分からないけど、紙の本の方が好きなんです。

趣味の本。洋裁、和裁、刺しゅう、タティングレース、そして、写真がキレイなレシピ本やインテリアの本。

これらは、紙の本でないとイヤです。

1ページずつ順番にめくったり、時にはパラパラとめくって、目に止まったページをひらいたり。

同じ本なのに、何度見てもドキドキわくわくします。

本棚に並ぶ本たちの背表紙を見るだけで、あっ、この本にはあの写真がのってるな、あの作りたかった服がのってたなと、うきうきします。

絵本も紙の本じゃないとイヤです。

絵本は情報量のわりには、値段がとても高いです。

とても短い詩を、何ページかに分割して、のせています。

同じ値段で、分厚い知識欲を満たす本もあれば、絵本のような短い詩を乗せた本もあります。

絵本は、詩とイラストを愛でる、感性を満たす本だと思います。

ことばの意味やリズムを楽しみ、絵を楽しむ。

大人が読んでも、子どもと一緒に読んでも楽しいひとときを、絵本は与えてくれます。

絵本は、誰かと共有する時間を楽しめる本です。

電子書籍も紙の本も、とても大事で豊かな経験ができます。

どちらも好きです。

でもやっぱり、また本屋さんに行きたくなってきたな

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

URL
TBURL

感想や質問などはこちらへ♫

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKへのコメントはこちら♫

Return Top